三栄建築設計(3228)シード平和(1739)IR説明会

メルディアグループとして三栄建築設計(3228)とシード平和(1739)を傘下に持つ

三栄建築設計(3228)
主力は戸建て分譲
益あら徒歩10分くらいが中心
地価が高いところでも一般のサラリーマンが購入できるもの
23区・名古屋エリアで都市型3階建てで4000万円前後の価格で供給
建売住宅だが、一つ一つの住宅を土地・環境に合わせたものにする
同じ家は作らないため効率は悪い
また素材が違うためコスト高になり、販売価格も高くなるが
高くても買ってくれる技術がある
年間2000棟建築
住宅請負も

営業・設計・施工をすべて自社で行う一貫体制で責任をもってプロデュース
上場以来平成26年に唯一減益だっただけで後はずっと増益

少子高齢化問題については3大都市圏は極端に減ることはない見通し
また海外進出を徐々に進めており(ロスに事務所、ベトナムにホテル)、国内需要頭打ちを海外で補う

職人不足の問題については職人育成のための子会社を設立した

シード平和(1739)関西のゼネコンで買収前まで5期連続赤字だったが
買収後黒字化
大手マンションへ会社への法人営業へシフト
大型請負受注が進む
戸建て事業も三栄建築(3228)のノウハウで成長を続ける
京都二条にメルディアホテルをオープン
今後のホテル事業の足掛かりとして参入した
ホテルのコンセプトは土地柄もあり
ややラグジュアリーな3ベッドの部屋
ファミリーで泊まれるようになっている

人口が増えているホーチミンで大型分譲マンションを開発
アメリカへ進出
湘南ベルマーレの筆頭株主となった

業績自体は著しく下期偏重
今期は売上高1000億円目標
将来的には2000億円へ

配当性向は16%前後

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です