日経IR・投資フェア参加報告②(8/26)

日経IRフェア参加報告2日目です。
①はこちら

浜松ホトニクス(6965)

光センサーなどで高シェア
不可視光イメージング
医学・バイオで活用する極微弱工イメージング
カメラ用の超高速測光
光を受けて100万~1000万倍にする光電子倍増管
半導体と同じ方法で作った光センサーの光半導体製品
レーザー・画像解析・光計測装置など
用途としては医用機器用が38%
産業機器26%、分析器12%
光電子倍増管を用いてカミオカンデでニュートリノの観測に成功している
ヒッグス粒子の発見に同社の光半導体素子が貢献
光技術の高さが製品力の高さを決めるため
通常の製品とは逆で、光の性能が重要
配当性向30%が目処
大株主にトヨタがいる
1987年に同社に出資して以来持ち続けている

SFPダイニング(3198)

磯丸水産など飲食店を運営
繁華街の1階路面店24時間営業である
磯丸水産を成長ブランドとして
他ブランドへノウハウを活かす
餃子製造販売店の「トラ五郎」や「いち五郎」出典開始
親会社に鳥良を運営するクリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)
磯丸水産の形態に寄せた鳥良商店の出店を拡大中

クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)

鳥良などの飲食店を運営
上記のSFPダイニング(3198)の上場子会社を持つなど
「グループ連邦経営」を取っている
立地により出店ブランドを変えるなどし、
幅広いブランドから場所にあった店舗を選んでいる。
配当性向30%を目安
アジアでの出店計画が堅調。
7月にNYに進出
海外からの出店誘致なども行う

NTT(9432)

グループ全体で売上高11.4兆円従業員数274850名(26.3末現在)
と巨大な通信グループ
中期経営戦略では海外売上高を220億ドルまで上げる目標を掲げ
成熟した国内市場の成長の伸びを補う想定
国内は一貫したコスト削減に取り組む
顧客ビジネスとの連携して新たなサービスを作り出す、
B2B2Xモデルへの取り組むを行う
歌舞伎とICTの融合やトヨタとのコネクティッドカーでの共同研究など
IoTなども含めた新たな分野への取り組みを進めている
7期連続増配など、安定継続した増配を計画
上場以来3.3兆円の自己株取得を行ってきた
配当利回りを高めに想定

フィックスターズ(3687)

ソフトウェアの開発により高速化を行う
マルチコアの開発から高速化部門に力を入れる
PS3がCell Broadband Engineを採用したことに合わせ
PS3向けにも力を入れる
2017年6月量子コンピュータを商用で初めて販売
2012年以降増収増益
IoT需要の増加につれて世界中のデータ量が爆発的に増加「データ爆発」
その中で高速演算処理の需要が高まっている
マルチコア化とメモリ高速化(HDDから)
今後は自動運転に向けてドライビングアシストのための高速化などの需要見込む
マルチコアを扱えるエンジニアは限られているが社員の9割はエンジニア
スパコンからスマホのソフトウェアまで幅広く扱える
(下請けではなく)直接取引を行うため利益率が高い
新規事業としてサーバ事業や機械学習事業を開始

“日経IR・投資フェア参加報告②(8/26)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です