レノバ(9519)会社説明会

8/19 会社説明会報告です。

再生可能エネルギーの発電と開発采井が柱。
現在は太陽光がほとんどだが
秋田でバイオマス発電が稼働開始しており、
この実績をもとに、積極的にバイオマスも展開予定。

自然エネルギーは天候によるブレもある。

この10年くらいで再生エネルギーへの注目が集まったが
それでも日本はあまり再生エネルギーへの展開が進んでおらず
今後の拡大余地はかなり大きい。

電力固定買取制度が20年後に終わるとき
資産の償却も終わり、借入の返済も終わっているため
売電の単価が市場価格並みに安くなったとしても
コストダウン(メンテナンス費用や草刈りくらい)できているため
その後も事業として成立できるようにしている。

風力も洋上を中心に展開中。
(風力は騒音など環境への影響が小さい洋上がボリュームゾーンと考える)

株価は割安に放置されているが、
再生エネルギーへの適切な査定がされておらず、
純資産だけで判断されているのでは。

今後の収益性も織り込んでいければ
株価上昇が見込めそう。

しばらくは次の投資に資金を向けたいので
配当・優待はしばらくない。
信用力、認知度上昇のため
東証一部への市場変更は視野に入れている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です