サムティ(3244)会社説明会

8/19 会社説明会報告です。

事業内容としては
不動産賃貸を核に安定収益を稼ぎながら、
収益不動産の売買で利益を稼ぐ。
ワンルームマンションが中心。
リーシング力が高いため
稼働率が低い中古不動産を購入して
リースアップしている。
新築の大型マンションはS-RESIDENCEという名前で
ファンドやREIT向け(下記参照)に売却する。
子会社サントーアではビジネスホテル事業も展開。

当社がスポンサーのサムティ・レジデンシャル投資法人を上場。
新築物件が多いため、築年数は他のREITに比べて若い。

地域別では
関西   39.0%
九州四国 21.8%
中部   15.0%
北海道  13.0%
首都圏  11.2%

首都圏エリアの割合が低いのは利回りが低くなってしまうから。

バブル崩壊後やリーマンショックの経験から
とにかく保守的に強固な財務体質を目指したいという姿勢。

17年5月に通期(11月決算)予想を上方修正、増配を発表したが
それでもかなり保守的な予想となっている。
着地はさらに上振れる可能性が高いか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です