10月28日セミナーのお知らせ

10月28日港区西新橋でセミナーを行います。

「投資家が学ぶべき不動産投資の真の有効性とは!?株・信託など投資商品の分析から収益物件の本質を探る」

というタイトルで
投資家目線で不動産投資の有効性についてお話をします。

REIT市場がなかなか軟調な中、
実物不動産に投資することで株や投資信託との分散投資を図ることもできますよという内容。
また、毎月分配型ファンドを持っている方にも是非有効です。
もちろんマーケットの話もします!(たぶん半分くらい)
個別のご相談とかも承れると思いますので
ぜひお越しください!

詳細、ご予約はこちらから!

【株】再び2万円台で年初来高値更新! 3万円からの投資生活 09.19

10月28日開催のセミナーの詳細・ご予約はこちらからhttp://www.rakumachi.jp/info_seminar/…

選挙っていうのはすごいものだなーとも思いつつ、もちろんそれだけじゃなく、NYダウが7連騰とか海外の好調さも受けてということなんでしょうけどね。FOMC・日銀会合前に力強い動きでしたね。

メルマガはこちらhttp://www.mag2.com/m/0001472290.html
投資情報をまとめたブログはこちらhttp://shizukabu.wpblog.jp/
ご要望・お問い合わせは
志塚行政書士FP事務所shizuka@shizuka-office.com
又はsunshineradiomail@gmail.comまで
メルマガはこちらhttp://www.mag2.com/m/0001472290.html
最新情報はこちらから https://twitter.com/shizupooh

参天製薬(4536)会社説明会

9月4日開催の会社説明会参加報告です。

目に特化した医薬品いわゆる「スペシャリティファーマ」
一般眼科薬売り上げシェア第2位「サンテ」
世界60か国で販売
主力は医療用眼科薬で売り上げの約9割を占める
他社製品で販売しているものもある
抗緑内障剤、抗VEGF薬、角膜疾患治療剤、抗アレルギー剤、抗菌点眼剤でシェア1位

海外売上比率は27%
専門性を持ったMRが国内眼科医全員にあったことがある状態、フルカバー
新興国などでのがん騎亜の育成も行う
目薬そのものの発展とディンプルボトルなどボトルの開発などでも患者の利便性を追求
世界の研究機関・企業との連携体制がある

海外はアジア、東欧北欧ロシア地域の成長が期待できる
領域としては緑内障や網膜用の眼科薬が増加見込み
高齢化に伴い眼科疾患で苦しむ患者も増加傾向

今期は海外売上比率を30%へ
2020年までにグローバルトップ3以内に入り、海外売上比率を40~50%へ
今期売上高は初の2000億円越えの2180億円

国内は高機能高価格帯品による需要とインバウンド需要により成長
海外は中国・韓国・ベトナムなどを重点国とし、収益拡大
中国は内陸部はまだまだカバーできていない
緑内障・網膜疾患領域の新薬の開発もさらに期待される

配当は安定的に
今期は26円配当性向は40%をめど

現状為替の影響は輸出入で相殺されほとんどない
米国への参入後は円安メリットとなる可能性も

レオパレス21(8848)会社説明会

9月4日開催の会社説明会参加報告です。

売上高の比率は賃貸が14.3%、開発が14.3%、残りがシルバー事業や国際事業、ホテルリゾート事業など
レオパレス21がアパート建築を請け負い、30年の一括借り上げする
アパート建築需要は相続税対策で増えている
アパートは一棟当たり平均12戸と低層物件が中心

入居率は前期年間平均で88.53%、管理戸数約57万戸と業界3位、ワンルームなら業界1位
(1位は大東建(1878)、2位は積ハウス(1928))
法人契約のシェアは56.4%
太陽光発電設備を設置しているところも多い

人口動態として、単独世帯は増加傾向であり、生産年齢人口は横ばいを続ける見通し
法人企業の採用意欲は上昇傾向(有効求人倍率)

法人利用を増やすシステムとして
①窓口一本化、Ⅱ全国同水準の物件、③仲介手数料不要(貸主がレオパレス21(8848)ナタメ)

人口流入が続く大都市圏を中心に物件供給を集中
関東36%、中部16%、近畿14%

日本全国の空家数は増加傾向であり差別化が必要(物件エリア、価値向上など)
壁紙を一面無料で選べたり、スマートロックやTSUTAYAとの提携など

シルバー事業のあずみ苑を現在の78施設から19年末までに86施設に
拡大はここで一旦停止し既存物件の収益化を図る
海外のアパートオフィスサービス事業の買収などを進める

業績では7期連続増収、10期連続増益を計画
契約高は開発を大都市圏に絞るため横ばいだが売り上げ増を目指す

総還元性向50%目標
資産売却によるCF創出により自社株買いを実行
今期はすでに400万株の自社株消却を行っており、80億円の自社株買いを実行済み
配当22円予想、配当性向40%程度になる見込み

K&Oエナジーグループ(1663)会社説明会

9月4日開催の会社説明会参加報告です。

主に千葉県でガス事業、ヨード事業等を行う子会社等の経営管理
2014年関東天然ガスと大多喜ガスが合併し天然ガス事業と都市ガス事業を展

天然ガうの開発生産から販売までグループで一貫対応できる
天然ガスとヨウ素が溶け込んだ地下水を汲み上げ地上でガスとかん水に分離
ガスは都市ガスとして千葉県に販売
かん水は要素を抽出し欧米へ輸出
地盤沈下などが問題となり環境への配慮が必要で、採掘量について千葉県と協定を結んでいるため大幅な増産は難しい

全体の30%は都市ガス事業として一般家庭やガス事業者に販売、70%はLNGを業務用・産業用として販売
日本はヨウ素の生産量第2位で千葉県は国内の約8割を生産
1位のチリは増産を続けるが、日本は水溶性で環境問題の影響で増産しにくい

水溶性天然ガス田は約600年分の埋蔵量であり、同社は国内最大手
南関東ガス田の天然ガスは99%がメタンガスでほとんど完全燃焼するため二酸化炭素排出量も少なく環境にやさしい
また海外から輸入するLNGと比べて海外情勢の影響を受けにくい

ヨウ素の用途はレントゲンの造影剤や殺菌・防カビ・鉱業用触媒・液晶のパネルなど様々な分野で使われる

今後は要素の世界需要拡大に答え、エネルギー事業も新興国を中心とした発展を見込む
2025年には経常利益を65億円目標
18年目標は35億円だったが下方修正し26億円に
要因はヨウ素の販売価格の低下や円高など
ただしヨウ素は今年の年初に価格が底入れし販売価格の値上げを行っている

設備投資は今中計で213億円を見込む
配当は28円予想で安定配当を目標とする
配当性向は今期36.5%の予定で年々上昇

Aikabu-アイカブ データで見る値上がり銘柄

ちょいちょいアイカブで検索してこのブログにたどり着く方もいるようなので
なんとなく役に立ちそうな内容を。

8月半ばくらいから1YLを付ける銘柄がちらほら出てきました。
そこから反発している銘柄も多いのですが、
まずは9月17日現在で反発できずに1YL記録を更新している銘柄を。

野田陽菜乃(Team 8)、平野ひかる(Team 8)、深井ねがい(SKE研究生)
26日連続1YLの記録を更新中です。
いた情報から売りの玉が減ってきたら反発のサインなのでしょうが、
それまでは手を出すと固まってしまいそうですね。

そして、1YLから最も反発した銘柄です。
茂木忍(Team K)、矢倉楓子(Team BⅡ)、川上千尋(Team M)
9月17日現在上昇を継続中です。
1YLからどこまで反発するのか注目です。

ダイトロン(7609)

9月2日に行われた会社説明会参加報告です。

電子機器及び部品、各種製造装置等の製造販売、輸出入業務

ソニー(6758)のテープレコーダーなどの販売からスタート
製版融合路線のグループ編成を取っており
最近では製造部門の比率が高まる
業界トップクラスの物流サービス機能と
優良な顧客資産と口座数の多さを誇る
ほとんどの国内主要企業とは口座を持って取引をしている

国内15拠点、海外11拠点、国内7工場、海外1工場を展開
セグメント別では電子機器・部品が80%、製造装置が20%
目標は75%-25%にしたい
総利益率が24.1%と商社の利益率が8%くらいの中では高い
取扱商品はコネクタ・ハーネスなどの電子部品
半導体、エンベデッドシステム、電源機器、画像関連機器、情報システムなど

電子部品&アセンブリ商品はコネクタ、組立配線、スイッチ、ワイヤーハーネス
ハーネスの中でも耐水圧コネクタは他社にはない
売上比率30%と最も高い
納品先はオムロン(6645)、シスメックス(6869)、デンソー(6902)、古野電気(6814)、NEC(6701)、ディスコ(6146)など

半導体
画像IC、電源用IC、通信用、カスタムICなど
パチンコ用やスマホ用からプロジェクタの中に使う半導体など特殊なものを製造
主要納品先はJディスプレ(6740)、パナソニック(6752)、三菱電機(6503)、島田理化工業など

エンベデッド(組込み用ボード)システム
CPUボード、FA用ボード
券売機や高速道路現金自動収受機、シングルボードコンピュータなど
主要納品先はアドバンテスト(6857)、ダックス、島津製作所(7701)、キヤノントッキなど

電源機器
SW電源、トランス、UPS、電源二重層キャパシタなど
データセンターのUPSに注力しており、その他電子顕微鏡に使うノイズの少ない電源など
主要納入先は金沢村田製作所、古野電気(6814)、島津製作所(7701)、日本電子(6951)など

画像関連機器・部品は売上比率23%と2番目に大きい
カメラ、レンズ、照明、モニタ、画像処理装置、特殊カメラなど
主要納入先はキヤノントッキ、セイコーエプソン(6724)、CKD(6407)、JUKI(6440)、YKKなど

情報システム
ビデオ会議システム、非接触型ICカードリーダライタなど
主要納入先はアマノ(6436)、モバイルクリエイト(3669)、キヤノンマーケティングジャパン(8060)など

製造装置は
半導体やフラットパネルディスプレイの製造装置を扱う

フラットパネルディスプレイ製造装置
液晶パネル、ELバックライト、有機ELパネルなどの製造装置
主要納入先はJディスプレ(6740)、ニコン(7731)、パナソニック(6752)、日本電気硝子(5214)など

LSI製造装置
チップ選別、各種洗浄、ウエハ移載梱包などの装置
主要納入先は金沢村田製作所、トヨタ自動車(7203)、三菱電(6503)、富士電機など

電子材料製造装置
Siウエハ、酸化物・化合物ウエハ、ガラス材料関連などの製造装置
主要納入先は旭硝子(5201)、京セラ(6971)、信越半導体、日本硝子、SUMCO(3436)など

光デバイス(OPT)製造装置はLD(赤色、ブルー・長波長)やLED用の製造装置
主要納入先はスタンレー電気(6923)、パナソニック(6752)

エネルギーデバイス製造装置
ワイヤーソー、薄膜スクラバー、ソーラーシミュレータなど
主要納入先はカネカソーラーテック、京セラ(6971)、昭和シェル(5002)

長期の目標としては売上高1000億円を目指す
中計では自己資本比率50%、ROA4%、ROE8%目標
成長が有望視される自動車、医療、インフラ、ロボット、航空宇宙などの新市場を開拓したい
現状でも半導体の売上比率を50%から30%程度に落とせている
オリジナル製品の比率を売上高ベースで30%、海外売上高を売上高ベースで30%を目指す

今期10年ぶりに売上高500億円を超える良そう
このままいけば4年連続増収増益
今後のリスクとしては部材調達が難しく、
受注はしているが部材が足りないということがありうる
為替の影響もそれなりにある

配当に関しては安定志向(半導体メインだと安定しなかった)
優待よりも配当に力を入れたい今期は35円予想
株主数は少ない
配当性向は20%台

USS(4732)会社説明会

9月2日に行われた会社説明会参加報告です。

中古車オークション会場の運営、中古車買い取り専門店ラビット運営

オークション業界のシェアは32.9%と1位
全国17会場を展開
東京名古屋では大規模な海上を運営
衛星TVやインターネットを利用し外部でも落札可能
2013年オープンの名古屋会場では同時10レーン方式採用
全体の収容台数は13,000台
中継台数シェアは提携会場も含め54.2%

出品者から出品手数料8,000円+成約手数料8,000円+落札手数料7,000円
=1台当たり手数料23,000円(すべて平均)
その他衛星・インターネット落札(外部落札)の場合は上乗せあり
会費制による月額収入
会員には会場での食事やサロン設備などをすべて無料で提供

海上落札:外部落札=50.8:49.2
ネット落札の割合を増やしたほうが利益率は高いが
来場者からの不満が増えるため
今の割合がちょうどよいと考えている

同業株式会社JAAの株式66.04%を取得し子会社化
今後ルールの統一化が課題だが業績への寄与を期待
今後はシェア45%が目標
新しい会場は考えていないが、MAはいい話があれば考えたい

今期は6.3%の増収、6.4%の増益を見込む
営業利益過去最高益更新を見込む

配当性向50%以上
今期の配当47円
18期連続増配予想
優待もギフトカードやカタログギフトなど充実
JPX400に選定

トヨタなどが本気を出して来たら危機感はあるが
どうもあまり本気でやりそうな感じはない

投信EXPO2017

9/16開催の投信EXPOに行ってきました。
仕事の都合でお昼くらいまでしかいられなかったのですが、
なんとなくの感想です。

とにかく、投信業界がパッシブ・インデックス一色になっている感じです。
で、一部の独立系の投信だけが国内中小型株中心にアクティブがあってこその運用だ!
っていう論調になっていました。
出展企業ではコモンズ投信あたりですね。
独立系が故の限界もあるんでしょうけど、
アクティブ優良ファンドが国内株のファンドしかないというのがなかなか問題
スパークスあたりが多少頑張ってるんでしょうけど、
海外に投資する商品でインデックスを超えるパフォーマンスを出せる商品が必要だなと。

あと来場者に若者が多かったですね。
他の投資イベントとかIRフェアみたいなのとは違って
自分より若い人もちらほら。
若い方はなかなか自分で銘柄を選ぶことはできないけど、
401kがあったり、NISAとか言われるから
投資の必要性を感じてくれているのかなと。

若い方向けの動画も考えていきますね。

【株】週明けは再び2万円にトライか? 3万円からの投資生活 09.15


10月28日開催セミナーの詳細ご予約はこちらから
http://www.rakumachi.jp/info_seminar/show/24453#pagetop

朝からひと騒ぎありましたが、やはりマーケットは次の話題を見てるということでしょうね。来週の日米政策決定会合がどうなるか?そんな今日は主力株やリチウムイオン電池関連が活況。

メルマガはこちらhttp://www.mag2.com/m/0001472290.html
投資情報をまとめたブログはこちらhttp://shizukabu.wpblog.jp/
ご要望・お問い合わせは
志塚行政書士FP事務所shizuka@shizuka-office.com
又はsunshineradiomail@gmail.comまで
メルマガはこちらhttp://www.mag2.com/m/0001472290.html
最新情報はこちらから https://twitter.com/shizupooh

【株】リチウムイオン電池も一服で4日ぶり反落 3万円からの投資生活 09.14

10月28日開催セミナーの詳細・ご予約はこちらhttp://www.rakumachi.jp/info_seminar/…

そりゃこんだけ上がれば一旦は落ち着きますよ、という感じでリチウムイオン電池関連が一服。地政学リスクを意識しながら、やや重たい値動きとなりました。一方業績発表で物色される銘柄もちらほら、というような一日でした。

メルマガはこちらhttp://www.mag2.com/m/0001472290.html
投資情報をまとめたブログはこちらhttp://shizukabu.wpblog.jp/
ご要望・お問い合わせは
志塚行政書士FP事務所shizuka@shizuka-office.com
又はsunshineradiomail@gmail.comまで
メルマガはこちらhttp://www.mag2.com/m/0001472290.html
最新情報はこちらから https://twitter.com/shizupooh